ブランディング

人間的な魅力でしか売れなくなっていく

これからの時代に必要とされている人

これから単純労働やロジカル一辺倒の解決思考で行う仕事は、AIに置き換えられると言われています。

数年もしたら現実になっているでしょう。

逆の感性や感覚、感情を震わせるような仕事は、「人間らしい」仕事として残っていきます。

もしかしたらベーシックインカムが導入され、人々はあらゆる労働から解放されるかもしれません。

そんな中、どうやって食べていくかというよりも「どう生きるか」が、人々の関心の中心となり、いよいよ人類は成熟期を迎えていると言えるのではないでしょうか。

自己実現が一つのテーマ

一人一人が、自分は何者でどう生きるのか、内省的になる人が増え、関心事が心の豊かさに向かうでしょう。

そうしたら、カウンセラーやコーチなどのお仕事は今よりももっと必要とされ利用されていくようになると考えられます。

他にも、いかに生きるのか、より良く生きるかを手助けするような仕事が、脚光を浴びるでしょう。

技術ではなく人間力がものをいう

今、巷には有象無象の対人援助の仕事や技術が溢れています。

ここでは、いかに正しく権威的な方法論をとるかを議論したいのではなりません。

これからは技術力以上に、人間性や人を見る目の深さや包容力がものをいう時代になると思われるからです。

とくに女性は、感性を大事にするので、肩書きよりも感覚的なものを大事にしている人が多いです。

その方と同じ空間にいて言葉を少し交わすだけで、心が温かくなり自分の有様までが変わってくるように思える人を支持するでしょう。

人間力の表現の仕方

そんな圧倒的な魅力を持つ方も、ビジネスとしては「自分を売っていく」のはなかなか難しいという方が多いです。

なぜなら、ビジネスは自分の思いを表現するだけでは成り立たず、どういうニーズをもって依頼されるのかを理解している必要があるからです。

ただしゴリゴリのマーケティング戦略ではなく、理念を差別化して売っていく方が、個性が生きてもっと売れるようになります。

つまり、ベネフィットの訴求よりも人間性や個性を統一感をもって出していくためのブランディングが必要になってきます。

そのお手伝いをさせていただいています。

関連コラム

無料メール講座