マーケティング

ターゲットを絞るか絞らないか

ターゲットを絞る派か絞らない派で、意見が別れるようです。

絞るか絞らないかの二者択一ではなく、場合分けが必要なので、見ていきます。

ターゲットを絞らないでよいとき

もともとニッチなビジネスをしているとき、そもそも競合がいなければ、ターゲットを絞る必要がありません。

そのビジネス自体が絞りに絞られていてニッチになっています。

たとえば「インド占星術」などは、占いの中でもインドに絞られているので、その手段を掲げるだけで集客ができます。

「インド占星術やってま〜す」

というだけで集客ができるのですね。

一方で、西洋占星術だったりタロット占いだと、たくさんの人が手がけているので、その占いが「誰の何の解決に向けて」行われているかを掲げて、テーマを絞る必要が出てきます。

たくさんの中から選ばれるということは、そういうことです。

ターゲットの絞り方

ときどき、コンセプトを考えずに、マニアックな手段で選ばれようとする人がいます。

けれど、二律背反で、選ぶ人も少ないというリスクが出てきます。

大きなニーズがある中で、自分がうまくできることに絞ることが成功への道です。

パイが大きい中で、自分の特性に合わせて絞る!これが味噌です。

たとえば、人に話を聞いてもらいたいというニーズはたくさんあります。

その中で、コーチングで解決しますという人もたくさんいます。

その中で一番になって目立つのは、並大抵のことではありませんね。

テレビに出たり、SNSで目立ちますか?

そうではなくて、悩みに特化させて相談に乗るということを掲げると

「この人だと、わたしの悩みがわかってくれそうだな」

ということで選ばれるのですね。

その悩みの種類を扱っているコーチもたくさんいるようだと、さらにサービスメニューや人柄などで差別化していくことになります。

どんなお客様に、どんなあなたの特徴が伝わればいいのか、よく考えてみてくださいね。

 

関連コラム