ストリーライティング

インターネット集客ができない3つの思い込み

インターネット集客ができない特徴

物事には必ず原因と結果があります。

結果に結びつく行動を誤解してしまうと、当然ながら望む結果は得られません。

インターネット集客においても、ほとんどの方が原因を誤解しているのにもかかわらず、その間違ったポイントに着目して「頑張って」いる方が多いようです。

よくある3つの間違った着眼点について、紹介します。

1.そもそもページの露出がない

ホームページのアクセス数が、ほとんどないのにもかかわらず、ホームページのデザインや構成に拘って修正を続けているケースが、実は結構あります。

ボタンの位置を少しずらす、写真をもっと綺麗に、ちょっと色合いを変えて…。

それが大きく広告などをかけて露出する前の準備ならわかりますが、広告をかける予定もないのに、細かなところに拘ってしまっても全く結果に結びつきません。

2.美的に凝りすぎる

たとえセンスが問われる職種だとしても、論理なしの配置や、意味のない言葉の羅列では全くホームページの機能を果たしません。

ここでいうホームページは、人に目に留まって、興味を持たれて、読まれて、予約まで結びつくという機能を果たすことを目的としています。

センスがいくら良くても、概念的で感覚的に美しくても、予約が入る設計になっていないなら意味がありません。

3.説明に終始している

カタログのような解説文だけが載っているページは、ほとんど読まれないと見た方がよいです。

言葉は、人を方向付ける力を持ちますから、意図をもって、感情に訴えかけ動かす内容でなければ、予約には繋がりません。

印象を良くするために、綺麗などこかで聞いたような言葉を連ねるのも、人を動かすと言う意味では弱いでしょう。

集客に結びつくホームページ

  • 興味関心をもたれやすいデザイン。
  • 構成がシンプルでわかりやすい。
  • ストーリー性がある。
  • コピーライティングがしっかりしている。
  • 予約に関わる操作性が高い。

いかがですか?貴殿のページは、大丈夫ですか?

「ただ掲載しているだけ」のページになっておらず、ちゃんと働いてくれていますか?

関連コラム